アダルトチルドレン

親子関係

目の前の問題に取り組もうとしても、なかなか先に進めず困ってしまった場合、

もしかしたら、過去の記憶や思い込みが影響を与えている可能性があるかも

私たちの中には、子どもの頃に経験、体験したことにより、後天的に培われてきた信念や感情が、今の

行動や考え方に影響を及ぼすことがあるといわれてます。

この内なる子供を「インナーチャイルド」と呼び、インナーチャイルドを癒すことにより、次へのスト

ップがラクラク、抵抗なく進むことができます。

 子どもの頃のトラウマや負の経験:は、現在の課題に対する不安や抵抗を引き起こしている可能性があっ

て、新しい挑戦に対して抵抗を生むことがあります。

そしてその経験は 自己評価や自己イメージを無意識のうちに低くしてしまうこともあるのです。

先ずは、

このような状況に対処するためには、まずは自分自身と向き合い、過去の経験や感情に対して正面から

向き合い、それらを受け入れることで、新しい視点やアプローチが見えてきます。未来に向けて前進す

るために、自分自身との対話を大切にしてください。

できない自分は、過去の経験から、思い込んでいただけだよ。

って理解していたのですが、

ある資料を作成しようと取り組むのだけれど、初めての分野、初めてのこと、何からどう取り掛かれば

よいかすごく悩んでいました。

そして、自分に正直にできない!できない!と言ってたら、

厳しかった母の声が聞こえてきて「あんたは何もできないんだから」と私に向けて何度も何度も言って

いる母の姿を思い出しましたんです。

母へ今の私のこの感情をぶつけたい気持ちや、またはダメな自分に落ち込む気持ちやらで悲しい気持ち

になってしまいました。

そして、私に、「そんな風に言わないで!!」と叫んだら...

気持が解放されたんです。

親は、良かれと思い私のために行ってくれた言葉かもしれない。

でも、傷つく言葉はダメだよね。

資料作り、できないからチャレンジしたくなる人、わからないから人の助けを求める人

受けとめ方は、色々だと思うけど、同じ人はいないから、その人がどの様な状態で受け取るのか、

言われてだめな私になりきって演じてきたのかと、
思ったら、この人生、何だったんだあ。

という気持ちにさえなりましたが、

この経験にも意味があると思っているところです。

その時代の母のことまで考えると、母にもインナーチャイルドが癒されていない状態だったと察するけ

ど…先ずは自分のチャイルドに安心してもらって

やりたい事へと進んで行こう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パワーストラグル前のページ

ネガティブな感情次のページ

関連記事

  1. 心理学

    孤独の解消

    友人もいるし、仕事もしているだから普段会話はあるんだけど…

  2. 子育て

    心のブレーキ

    何かを始めたいときに例えば私だったらこのブログを書くのに私は…

  3. アダルトチルドレン

    インナーチャイルドは、あなたの本音

    私たちが抱える感情や行動の奥に広がる深層心理、潜在意識に焦点を当ててみ…

  4. 子育て

    人に頼ることができない

    なにかわからいことがあったら、人に尋ねたり、助けてもらったり、頼ること…

  1. 人間関係

    「価値観」てどんなもの
  2. 感情

    自己受容できると、自己肯定感につながる
  3. 性格統計学

    性格統計学
  4. 夫婦関係

    パートナーシップとの関り
  5. アダルトチルドレン

    親子関係
PAGE TOP