その他

自己犠牲から生きやすい毎日へ

素直な気持ちで答えるだけで
こころに悪さをしている根本を改善!

本当の自分が取り戻せる
『潜在意識の書き換え』で
人生を変えませんか?

自分ではなく相手を優先して
自分を犠牲にしていることって
ありませんか?

例えば、打合せの内容が
間違った方向に進んでいるけど
参加者はみんな同意していて
そのまま『決』となりそう。。。

といったシーンがあった時に
自分の意見をしっかりと伝えて

それはこの部分が間違っているから
検討し直す必要があります!のように

言えれば良いのですが
気を遣い過ぎるがあまり周りの意見を
そのまま受け入れてしまいます。

これって
真面目であればあるほど
なってしまいやすい傾向にあります。

正義感の強い人であれば
間違ったことを正そうと意見を言いますが
真面目な人は周りの空気を読んで

この場の雰囲気を
壊すのは良くない

みんなが納得しているなら
それは正しいのだろう

この平穏を乱すのは良くない

上司が言ったことは
間違っていたとしても
受け入れて実行するしかない

といったように
周りから見ると真面目に
見受けられます。

でも、もっと外側から
外部から見ると

本当に真面目なのか?

そもそも、そこで
意見を言わないのは
良くないのではないのでは?

そもそも、大事にすることが
違くなっていないか?

と思うかもしれません。

しかし、当人やその近しい人からは
真面目に頑張っている人だよね!
といった評価をされがちなのですね。

まあ日本の悪い慣習と言えば
そうでもあるのですが、、、

そこに合わせようと
自分を犠牲にしてしまって

違和感をずっと持ち続けているのは
息苦しく感じてしまいますよね。

日本人に多い『自己犠牲』自分の意見は抑えて相手にあっわせる風潮は

素晴らしい精神を持つ人
とても良い人だ!と言われることも多いかもしれませんが、
視点をもっと広げてみると

実は違っていた!
だったり
本当はこうしたかったのに!
だったり
後悔や取り返しの
つかないことになるだけでなく

自分の心も重くなって
シンドクなっていってしまいます。

そんなはずじゃなかったのに

真面目なのが悪いとは言いません。

むしろ、とても素晴らしいことだと
私自身は思っています。

ただ、その真面目さを活かす方法を
自分を大切にする方に考えて欲しいなと
思っています。

真面目であるが故に
生きにくいと感じていましたら
解決策を一緒に見つけていく伴走をしています

かつての私がそうだったから
皆さんには自由で楽しく自分らしい人生に
早く出会えってほしいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

辛いなあ…と思ったときの考えかた②前のページ

他の子と比べてしまう次のページ

関連記事

  1. 夫婦関係

    パートナーシップとの関り

    パートナーの言動や態度に疑いを持たなかったわけ私自身の生い立ちに原…

  2. コーチング

    ライフコーチとは

    ライフコーチとは「メンタルマネジメント」「心理療法」「コーチング」…

  1. 夫婦関係

    離婚するしかないのでしょうか?
  2. セラピー・コーチング

    短所を長所へ変換リフレーミング
  3. コーチング

    辛いなあ…と思ったときの考えかた①
  4. 感情

    辛いな…という気持の解決方法
  5. プロフィール

    プロフィール
PAGE TOP